泣き寝入りにならないためにも悪徳不動産業者に気を付けろ!

  • 不動産業者に依頼して自分自身が所有している物件を売却しようとした場合、いくつか注意しておくべきポイントがあります。
  •  
  • 今回、ここで取り上げるテーマは、その1つである「悪徳不動産業者に騙されない」という部分。
  • 本当に残念なことではありますが、言葉巧みに依頼者を誘導して不正に利益を上げようとしてきます。
  •  
  • 世の中には「美味しい話はない」とよく言いますが、この言葉を念頭に置いて実際に臨んでも…結果、騙されてしまったということは幾度と無く起こっています。
  • 特に不動産業界に関しては専門知識を多く有しておかなければなりません。
  •  
  • だからこそ、騙されやすい世界になってしまっているのですね。 しかし、ご安心下さい。
  • あくまで1つの対処方法に過ぎませんが効果的に悪徳不動産業者か?を見破る方法があります。
  • 以下より、紹介していくので、ぜひ参考にしてみてください。
  •  
  • ■不動産業者に免許を提示してもらう

  • 端的に言ってしまえば、不動産業者側に、ある免許を提示してもらうという方法です。
  • 実は、不動産売買を担う方は、必ず宅地建物取引業に則って売買を行います。
  • このときに、免許が必要になるわけですね。
  •  
  • これを所持しているのか?ということを、業者側に問い合わせてチェックをするわけです。
  • もし提示ができないと言われた場合は、警戒心をMAXまで引き上げる必要が。
  • そして、不動産業者の比較対象から外してしまうことを強くおすすめします。